寒いけど洗車

本日、寒~いのに洗車しました。車にかけた水がすぐに凍りつくマイナス5°Cでの洗車です。そんなの意味あんの?と思われるかもしれませんが、大アリです。
主に洗う部分はボディでなく下回りですよ。ここを定期的に水洗いしないとえらい事になります。
山の道はいつも凍結防止のため塩カル(塩化カルシウム)の粒が撒かれているんですよ。こいつが車の金属部分を激しく腐食させます。

実はウチの車も昨年二台、こいつが原因と思われる故障が続出!冷却水の漏れ、電気系統の切断そしてブレーキ故障・・・・二度の走行不能(レッカー移送)、極めつけは走行中にブレーキが効かなくなった(それも山の一番上の道で・・・) 今考えれば良く無事に生還できたねと・・・・

お客様が乗る車は別だから、安心してね。

塩害怖いね、本当に。(うちの車 以前は海の横に駐車していたので、そこでもしこたま塩浴びていたんだよね、勿論 水洗いはこまめにしていたはずなんだけどね、なんせその2台とも10年選手だからね、さらに10kmオーバーだかんね)ナメたらいかん!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする