ソウルフードといふもの いむらやの焼きそば

ソウルフードといえるものは果たして旨いものなのか・・・実はそういう尺度で語るものではないんじゃないか?そういう疑問がふつふつと湧いてきた・・・というのも長野市のソウルフードともいえるいむらやの焼きそばを食べたからだ。

IMGP7488

ネットや出版媒体では頻出のいむらや 長野に行ったらいつか行ってやろうと思いつつ今までその機会を逃してきたが・・・

ついにその瞬間が訪れた!

IMGP7489

もちろん焼きそばを注文 こちらの焼きそばは所謂かた焼きそばと言われている餡がかかったもの、目の前の厨房では片栗粉たっぷり(本当にたっぷり!)の餡が大鍋で煮られている、これが注文によりみるみる量が減っていく凄まじさ、訪店したのは15時と中途半端な時間にもかかわらず席は9割がた埋まっていた、もちろんほとんどのお客さんが焼きそばを注文。

IMGP7492

大盛りでもないのにこの盛りの凄み!! 餡はどろっどろ ここに辛子と酢の混合液(ミックス済み)を適宜かけていく。

麺は意外にもさっぱり、調理方法を見ていたら麺を茹ででから軽く揚げていた。

これで500円台のお値段は破格 さてお味は・・・・不味くはないが旨いのか?なかなか頭で整理できない・・・・

結局その場結論が出ぬまま三日が過ぎ去ろうとした頃 何やら無性に食べたい!あのどろっどろ焼きそばを心から欲する自分に気づく・・・これがソウルフードといふものか!と納得しきりなのだ。(でもここは長野じゃないのでいむらやはございません・・・禁断症状は今も続いておりますよ。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする