シェアする

十勝三股

赤字ローカル線 大淘汰の時代前夜 すでに列車の通わぬ終着駅があった。

時刻表に鉄道路線として掲載されていたにもかかわらず、士幌線の糠平ー十勝三股間はあまりにも人口が希薄で(十勝三股駅周辺の民家は当時3軒)、乗降客がすくないため列車での運行からバスへと転換されていた。

幼少期から鉄道少年であった私に、NHKの「新日本紀行」(←たぶん)でとりあげられていたこの十勝三股の情景が妙に心に刺さったのだった、あれから40年ほど・・・

ついに自らの足で降り立った(車でだけど)十勝三股駅跡 既に士幌線自体が過去帳入り・・・今は帯広ー旭川を結ぶ都市間バスの停留所がひっそりと立っているだけ。

大雪山系に深く入り込んだ盆地にある十勝三股 晴れていれば明るいが、民家の後ろに聳えるクマネシリの山を見ているとその近さからか自然の厳しさが窺い知れる場所だ。

私がこの地を発つ頃、年配の男性が一人車でやってきた、私と同じようにそこらを歩いて何か確認している様子、彼も鉄道青年(少年)だった頃の記憶を手繰っているのだろうか?